Q&A

血糖値の急激な上昇を防ぐ方法

早速質問いただききました!

サラハを開けてみると、受信ボックスに2件メッセージが入っていました。

特に通知とかの機能がないみたいなので、今後はちょこちょこチェックする必要がありそうです。

早速、1つ目の質問に答えていきます!

質問内容

質問内容は、外出中の食事で、血糖値を上げないようにする方法はあるのか、というものでした。

きっと質問者さんは、今ダイエットに励んでいて、余分な脂肪をつけたくない為、血糖値を気にしているのだと思います。

まず最初に、前提として、血糖値は緩やかに上がる分には問題ないことをお伝えしておきます。

問題なのは急激な上昇

今回は、血糖値の急激な上昇を防ぐ為の食事方法をお伝えします。

※ちなみに、質問にあった肉については血糖値が上がりにくいので大丈夫です。

食べる順番を野菜・海草類からにする

生野菜やサラダを最初に食べることで、食後の血糖値の急激な上昇を抑えられることは研究で明らかにされています。

サラダがなくても、味噌汁に海藻があれば海藻を、おかずの副菜にキャベツがあれば、キャベツから食べるようにしてください。

次におかずを食べる

野菜、海草類がない場合は、おかずから食べます。

言い方を変えると、炭水化物食は最後に食べるということです。

例えば、コンビニに入ったら、丼モノや麺類(おかずと炭水化物食が一緒になっているもの)を選ばずに、単体のおかずを選ぶことが大切になります。

もし、炭水化物食を選ぶのであれば、食べるのはおかずの後にしましょう。

茶色い炭水化物食を選ぶ

全粒粉や玄米のような茶色い炭水化物食には、食物繊維が多く含まれている為、血糖値の上昇が緩やかになります。

気をつけたいのは、白い炭水化物。

白いご飯、食パン、麺類、じゃがいもなどです。

白米ではなく、玄米。

食パンではなく、ブランパン。

この少しの意識が、大きな結果に繋がります。

血糖値を上げない食べ方まとめ

  • まずは野菜、海草類から食べ始める。
  • コンビニで何かを買う時は、丼モノや麺類は避け、単体のおかずを選ぶ。
  • 炭水化物食は、精製されていない茶色いものを選び、最後に食べる。

フリースタイルリブレのチェックはこちらからどうぞ!

 

ABOUT ME
アバター
YUIHIDE FUJIWARA
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムで経験を積み、2019年に開業。年間400人以上のクライアントを担当する。 詳しいプロフィールはこちら