書評

【書評】伝え方が9割by佐々木圭一

伝え方を工夫したい

パーソナルトレーナーを簡単にいうと、お客様の身体の悩みを解決し、理想の状態へ導く人である。

専門の知識やノウハウが不可欠な仕事だ。

僕は必要な情報を取り込む為に、いつもアンテナを高くするようにしている。

常に新しい情報をお伝えし、お客様の知的好奇心を刺激したいと思っているからだ。

しかし、情報の取得はしているが、伝える方法を今まで一度も学んだことがない。

この本をたまたま手にした時、今僕が読むべき本だと真っ先に思った。

著者の佐々木圭一氏とは

1972年生まれ。上智大学大学院を修了後、97年広告会社に入社。

日本人初、米国の広告賞「One Show Design」でゴールド賞など国内外51のアワードを獲得するなど、世界で活躍するコピーライター。

また、作詞家としてCHEMISTRYの「This age」、郷ひろみの「LIFE」などを手掛けたことでも有名な人物。

伝え方はセンスではなく、技術

本書の中で、繰り返し出てきた言葉。

伝え方はセンスじゃないと言っている。

てっきり伝え方が上手い人は、コピーライターのように言葉の才能がある人だと思っていた。

技術なら、身につけさえすれば、僕でもできる!

相手に伝えたいことを、短いフレーズにして的確に表すことは、とても重要なことだと感じた。

具体的なエピソードを用意する

デートの誘い方の話があった。

ざっくりいうと、「僕とデートしませんか」と誘うのではなく、

「驚くほど美味しいパスタ屋さんと、石窯ピザのお店どっちがいいですか」にすると、同じ内容なのに、確率が変わるということだった。

これは「選択の自由」という技術で、選択肢を限定することで、どちらかを人は選んでしまうというものらしい。

この技術も、カウンセリング時などで取り入れていこうと思った。

まとめ

たった一言、選ぶ言葉を変えるだけで、こんなにも相手への印象が変わることに驚いた。

思ったことをそのまま口にするのではなく、少し立ち止まって相手のことを考えることが大切だと知った。

これから、人と話したり、文章を書くのがより楽しみになった。

「伝え方が9割」のチェックはこちらからどうぞ!

 

ABOUT ME
アバター
YUIHIDE FUJIWARA
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムで経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。 詳しいプロフィールはこちら