書評

【書評】年収1億円になる人の習慣 by 山下誠司

初めての書評

本屋で、「1億円」の文字が目に入り、何気なく手に取った。

パラパラとページをめくると、主張はシンプルだが心に響く言葉ばかり。

ここに書かれていることを実践したい、と思い即購入。

著書の山下誠司氏とは

日本最大級の240店舗を展開する美容室EARTHを運営する、アースホールディングス取締役。

スタッフは3000名、年商180億円の会社だ。

1976年生で、31歳の時点で年収1億円を超えた人物。

創業者は

ちなみにアースホールディングスの創業者は國分利治氏。

僕がよく行くサーフポイントの目の前に豪華な別宅?があり、いつもモチベーションを刺激される。

趣味たまにはプライベートのことも書きたいと思う。 ...

15年間休まない

著者は24歳から39歳までの15年間、仕事を1日も休むことなく働いたと書いてある。

そして、「楽しいから休まないのではなく、休まなかったら楽しくなった」と言っている。

仕事を大好きになる為には、休まないで働くことが近道かもしれない。

得したければ損から入る

早起きをしてチラシを配っても、店内の掃除をしても、カットの練習をしてもすぐに結果に反映されるわけではない。

けれど先に「自分の時間を差し出す」という損をするから、後から大きな得が返ってくる。

仕事は質よりもスピード。フライングなら、なおよし。

スピードの速さは、本気度と情熱のあらわれ。

仕事が遅いのは能力の問題だが、スタートが遅いのは姿勢の問題。

まとめ

仕事で大切なことは、売り方やシステムではなく、姿勢であると本書の中で強調している。

例えば、早起きする、損から入る、仕事のスピードをあげる、休まない、などは「姿勢」の問題だ。

年収1億円を達成する為には、何か特別な才能や能力が必要だと思っていたが、必要なのは、誰でも出来ることをやり続けることだった。

「年収1億円になる人の習慣」のチェックはこちらからどうぞ!

ABOUT ME
アバター
YUIHIDE FUJIWARA
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムで経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。 詳しいプロフィールはこちら