日常

シェアサイクルを2週間利用してみた

消えた自転車

大学生の頃から大事にしてきた自転車を不注意で無くしてしまった。

いつも鍵をかけない僕に、友達はいつも心配してくれていたが、

「大丈夫!ここ日本だから!」

とよく分からない主張をしていた自分が情けない。

赤い自転車生活スタート

自転車を無くした3/14から、NTTのシェアリングサービスを使い始めた。

すぐにネットで新しいものを買おうか迷ったが、職場のある六本木・麻布地区は坂道も多い為、電動付きを試してみることに。

利用してみた感想

メリット

  • 電動付きで坂道が楽
  • ネットで予約・決済が可能な為、利用手続きが簡単

解説

やはり電動アシストのおかげで労力を使わずに利用できたことは良かった。

通勤の移動手段として利用している為、坂道が楽なのは助かった。

利用手続きは全てアプリで行うことができる。

利用する20分前から予約もできる為、便利だった。

アプリ上で、利用できる自転車の数も確認することもできる。

デメリット

  • 職場や自宅からサイクルポートまでが遠い
  • 仕事終わりに利用しようとすると充電がないことが多い
  • ポートに利用できる自転車自体がないこも

解説

僕の場合、職場や自宅からサイクルポートまで遠かった為、普段の倍以上の時間がかかってしまった。

また、ポートに自転車がなかったり、あっても充電が残っている自転車がないことが多かった。

この辺は、今後改善して欲しい部分だ。

▼貸し出しがない場合はこのように表示される。

料金プラン

1回会員と月額会員の2種類

1回会員

月額料金は無しで、最初の30分が150円、30分を超過した場合のみ30分毎に100円。

月額会員

月額料金が2000円(税抜き)、最初の30分は0円、30分を超過した場合のみ30分毎に100円となっている。

利用した18日間の料金

今回僕は、1回会員で登録したが、18日間でなんと7992円だった。

1日でみると約450円だが、塵も積もれば山となる、とはまさにこのこと。

この請求内容を見ながら、新たに自転車を買うことを決めた。

まとめ

  • 家や職場から、ポートが近い人は利用する価値あり
  • 電動付きで楽に漕げる為、天気が良い日に観光がてら利用するのはいいかも
  • ポートに自転車がなかったり、あっても充電がないことが多々ある為、通勤手段としてはオススメできない
ABOUT ME
アバター
YUIHIDE FUJIWARA
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムで経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。 詳しいプロフィールはこちら