キャリア論

トレーナーに必要な2つの能力

人の思考の特徴

僕は人の思考には特徴があると思っています。

今日はそれを踏まえた上で、トレーナーに必要な能力を考えていきたいと思います。

始めることは簡単、継続が難しい

ダイエットに例えると、始めることは誰でも出来ますが、痩せるまで継続することって難しいですよね。

「頑張っているのに、なかなか痩せない」

「急に外食の誘いが増え、断れなくなってしまった」

など、何かを続けようとすると、途中で必ず壁が現れます。

壁が現れることにより、継続が困難になります。

これはダイエットに限らず、英語の勉強も、ブログを書くことも全てに言えることです。

最初は刺激的、途中から飽きる

また、何か新しいことを始めると最初はすごく楽しいです。

刺激的だからです。

でも、恋愛でもそうだと思いますが、最後まで刺激的なことなんてあまり無いですよね?

途中で「慣れ」が来て、そのうち「飽き」が来る。

これらも継続が困難になる理由になります。

10,000時間の法則

僕はマルコム・グラドウェル氏が提唱する10,000時間の法則を信じています。

ざっくり言うと成功の鍵は継続だ、と言うことです。

継続し続けることは大切ですが、それだけ難しいとも言うことできます。

トレーナーに必要な能力とは

それらを踏まえて、トレーナーに必要な能力は何でしょうか?

筋トレや食事の知識は大前提として、割愛します。

必要な能力2つ

カウンセリングでクライアントの目的を聞き、適切な目標設定とプランニングをするコンサルテーション能力。

途中でクライアントに色々な問題が起こった時(壁が現れた時)にサポートしたり、モチベートできるコミュニケーション能力。

今後は

これらを極めて、一流のトレーナーを目指します。

ABOUT ME
アバター
YUIHIDE FUJIWARA
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムで経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。 詳しいプロフィールはこちら